にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

便秘が原因?

便秘もにきびの原因であると考えられていますが、便秘とにきびは、あまり関係が無いように思う方も多いのではないでしょうか。しかし、女性は特に、便秘になることによって、肌荒れやお肌のトラブルが起きた経験のある方もいるかと思います。 便秘になることにより、体内では活性酸素が増えているのです。活性酸素は、皮脂の分泌量を増やしてしまいます。また、活性酸素はお肌のターンオーバーの乱れにも大きく関係しており、活性酸素が発生すると、ターンオーバーが乱れ、肌荒れなどの症状が現れやすくなります。それにより、毛穴の中に皮脂が詰まり、にきびの発生へと繋がることになるのです。 また、便秘になると、次第にストレスが溜まってくるのです。ストレスもにきびの原因だと考えられていますので、こういった原因が重なることにより、にきびができてしまいます。 にきびを防ぐためには、便秘を解消することが大切です。適度に運動し、腸を動かすようにしましょう。また、食物繊維が多く含まれた食べ物を摂取するようにし、例えばキャベツや海藻類、穀物、豆類などがおすすめです。また、ヨーグルトを食べることにより、腸の動きを活発にすることができます。手軽に便秘を改善する方法は多々ありますので、実践してみましょう。