にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

体調とにきびの関係

内臓が弱い方は、にきびができやすいと言われています。にきびと内臓は深い関係があり、内臓が弱っていると、すぐにお肌に現れるものなのです。内臓を弱める原因としては、食べ過ぎたり飲み過ぎることが多い、ストレスを溜め込む、便秘状態が続くといったことが挙げられます。もしこのようなことに思い当たるのであれば、内臓が弱っており、それを改善しなければ、にきびも治らない可能性があります。 また、便秘であることにより、内臓に大きな負担を掛けてしまいます。長い間、便秘が体外に排出されず、腸の中に残ったままになってしまうと、悪玉菌が増え、肌荒れやにきびを引き起こすのです。そのまま便秘の状態を放っておくと、肝臓にまで影響することがあります。そうすると、肌荒れだけでなく、代謝も落ちてしまいますので、少しでも早く便秘を改善することが、にきび予防に繋がります。 女性は、過度なダイエットをする方も多いですが、体に負担を掛けるダイエットは、便秘に繋がってしまいます。食べる量を極端に減らすダイエットは、便秘のためにも、そしてにきびのためにも、やめるようにしましょう。また、遺伝によって内臓が弱い方もいますが、そういった方は他のにきびの原因となる要因を作らないようにしましょう。