にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

背中に出来た場合の対策

にきびは顔だけに出来るものだと思うかもしれませんが、様々な部分に出来るものなのです。例えば背中もその一つであり、自分では普段なかなか目にすることが無いでしょうが、背中ににきびができることがあります。背中というのは、皮脂腺が多く存在しており、その分にきびができやすいと言われています。また、洋服が背中に当たった刺激や汗、背中のお手入れがしにくいということから、背中に出来やすいのです。 朝起きた時に背中に汗をかいていた経験のある方も多いと思いますが、背中は汗をかきやすい部分です。また、シャンプーなどをした時に、背中に流れ、しっかりと洗えていなければ、その汚れが背中の毛穴に詰まってしまいます。背中のにきびを防ぐためには、きちんと毎日お風呂で背中を洗い流すようにすることが大切です。また、敏感肌の方は、入浴剤などが原因でにきびが発生する可能性もありますので、注意した方が良いでしょう。 また、化学繊維の洋服は背中に刺激を与えやすいため、できれば化学繊維の洋服は避け、コットンなどの洋服を着るようにしましょう。乾燥肌の方は、背中の乾燥が原因でにきびができることもありますので、背中もしっかりと保湿すると良いですね。自分で背中のお手入れをするのは難しいでしょうから、家族などに頼んでみると良いかと思います。