にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

口周りに出来る原因と対策

口周辺にできるにきびは、食生活が原因である可能性が高いようです。脂分や糖分を摂取することが多い場合、偏食が多い場合は口周辺ににきびができる場合が多く、大人にきびの特徴だと言われています。 食生活に心当たりがある方は、できるだけ糖分、油分の摂取は控え、炭水化物も多く摂取しないように気を付けて下さい。また、食べ過ぎや飲み過ぎにも注意し、食べる量を少なめにすると良いでしょう。 口周辺を触る癖がある方は、細菌などが付きやすく、にきびの発生につながります。なるべく意識をして、口周辺は触らないようにしてください。また、頬つえを付くのも避けたいものですね。 口周りにできるにきびは、一度治ったと思っても、すぐにまた出来てしまうことが多いのです。それは、偏った食生活を続けているからだと言えます。ですから、第一に食生活を見直し、顔を清潔にするように心掛けましょう。面倒臭いと思わず、帰宅したらメイクを落とし、しっかりと洗顔をして洗い残しがないようにしましょう。 女性はメイクをすることにより、お肌がダメージを受けやすい状態になっていますので、特に注意したいものです。また、にきび跡が残らない様にするためにも、潰さない様にしましょう。