にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

顎に出来る原因と対策

顎ににきびができることもあり、顎も非常に目立つ部分ですから、非常に大きな悩みとなるのではないでしょうか。頻繁に顎ににきびができるという場合、原因は何かというと、男性ホルモンの分泌量の増加だと言われています。思春期にきびの場合は、顎にできることは少なく、大人にきびに多い特徴なのです。男性ホルモンの分泌量が増えると、お肌のターンオーバーが乱れてしまい、皮脂の分泌量も多くなります。また、生理前は男性ホルモンの分泌量が増加するため、顎にできるやすくなるのです。 その他に、睡眠が充分にとれていない、食生活が乱れている、ストレスが溜まっているといったことが原因によって、男性ホルモンの分泌量が増えます。顎のにきびを予防するには、なるべく男性ホルモンが分泌されないようにする必要があるのです。 また、スキンケアの方法が誤っている可能性もあります。自分のお肌に合っていないものを使用していたり、刺激が強すぎるものは、当然お肌に負担を掛けてしまいます。それがにきびとなって現れることがあるため、顎ににきびができるようであれば、生活習慣やスキンケア豊富御を見直してみましょう。自分では正しいと思っていても、それが間違っていたということは頻繁にあることなのです。