にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

予防に効果的な栄養素

にきびには、ビタミンが効果的だと言うことは有名ですが、その他にもにきびに効果的な栄養素があります。例えば亜鉛もその一つであり、にきびの炎症を引き起こす活性酸素の除去を行う作用があります。 また、活性型の男性ホルモン分泌を抑制する効果もありますので、にきびに大敵な男性ホルモンの分泌が抑えられ、にきびができにくくなると言えるでしょう。亜鉛は、健康を維持するためにも大切な栄養素であり、新陳代謝を活発にする作用もあります。 亜鉛は、牡蠣や豚レバー、卵、たらこ、チーズ、ごまなどに多く含まれています。ですから、こういった食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。おやつ代わりにチーズを食べるようにしても良いですね。 次にコラーゲンです。コラーゲンが不足すると、お肌のハリが失われてしまいます。お肌のハリが失われると、にきびができた時に、にきび跡が残りやすくなるのです。また、毛穴も目立ちやすくなるため、にきびが無くなった後のお肌のことを考えて、摂取しておきたい栄養素です。 コラーゲンは、鶏皮やうなぎ、豚足などに多く含まれており、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率を高めますので、できれば一緒に摂取することをおすすめします。