にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

予防に効果的なビタミン

にきびには、ビタミンが効果的だという話は有名ですが、ビタミンと言っても様々な種類があります。それぞれどのような役割を果たすものなのか、ご紹介しましょう。 まず、ビタミンB2です。脂質はにきびの原因となるものですが、脂質の代謝を促進する効果があるのがビタミンB2です。含まれている食べ物は、レバーやヨーグルト、納豆、卵、アーモンドなどがありますが、一度に多量に摂取しても意味がありません、水溶性ビタミンですから、何度かに分けて少しずつ摂取するようにしましょう。 また、日光に当たることで質が変わってしまう可能性があるため、こういった食べ物は、日が当らないところに置いておきましょう。 次に、ビタミンCです。活性酸素が体内で作られてしまうと、にきびの炎症に繋がります。そんな活性酸素を除去する働きを持つのがビタミンCです。また、ストレスを和らげる作用もありますので、にきび予防に繋がるのです。 ビタミンCは、ブロッコリーやレモン、いちご、キウイといった野菜や果物に多く含まれています。摂取しやすい食べ物が多いですから、間食をするのであればお菓子ではなく、ビタミンCが含まれた果物にしてみてはいかがでしょうか。 こういった栄養素を意識して摂取することが、にきび予防に繋がります。