にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

にきびを予防する洗顔方法

にきびを予防するにあたって、洗顔方法は大切です。毎日洗顔をするでしょうが、洗顔が原因でにきびができることもあるのです。洗顔方法が誤っている可能性もありますので、見直してみましょう。 まず、洗顔料を付ける前にお湯で顔を洗うようにしましょう。お湯はぬるま湯で、34度から38度以内のお湯を使用するようにします。熱過ぎずぬる過ぎないということがポイントです。ぬる過ぎてしまうと、お肌の汚れが落ちにくくなってしまいますし、熱いと皮膚に必要な皮脂も一緒に洗い流してしまう可能性があるのです。お肌が乾燥してしまいますので、熱過ぎるのも良くありません。最初にお湯だけで洗うだけでも、皮膚に付いたほこりなどの汚れを洗い流すことが出来ます。 次に、洗顔料を適量手にとり、泡立てネットなどを使用して、しっかりと泡立てましょう。洗顔料を直接肌に付けるのではなく、泡によって顔を洗うようにすることが大切です。そうすることで、毛穴の奥に詰まった汚れまで除去することができますので、にきび予防に繋がります。 手で洗うのではなく、泡でしっかりと顔全体を洗い、お肌を傷付けないようにします。洗い流す時にも、ぬるま湯を使用しましょう。洗顔料がくれぐれも顔に残らない様に注意してくださいね。