にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

紫外線対策しましょう

紫外線を浴びることにより、にきびが出来てしまうこともあります。紫外線を浴びると、体内でにきびの原因となる活性酸素が発生するのです。ですから、紫外線予防をすることが、にきび予防にも繋がります。 紫外線対策としては、日焼け止めクリームを塗る、外出する時には帽子をかぶる、日傘を使うといったことがあります。帽子はなるべくつばが大きいものを選び、顔が隠れると最も効果的です。また、日傘は黒の方が紫外線を通さないため、できれば黒の日傘を使うようにしたいものですね。 その他にも、夏場は特に、紫外線に効果的な化粧品を使用すると良いでしょう。UVカット効果のある化粧品は多々販売されていますので、日焼け止めクリームを塗った後に、そういった化粧品を使用すると、更に効果が高まります。 紫外線は目に見えないものですから気づきにくいですが、にきびが出来ている方の場合、紫外線を浴びることで、にきび跡になりやすくなるのです。にきび跡は非常に消えにくいものですから、そうならないように、こういったことをは手軽にできますので、しっかりと紫外線予防に努めましょう。夏場でなくても、外出する時には必ず日焼け止めクリームを塗ることをおすすめします。