にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

産婦人科で改善

にきびが出来た時、皮膚科に受診する方はいるでしょうが、場合によっては産婦人科の方が良いこともあります。にきびは、ホルモンバランスの崩れが原因で発生していることもありますので、もし心当たりがあるようであれば、産婦人科を受診した方が良いかもしれません。 ホルモンバランスが正常か否かは、産婦人科で診てもらうことができます。生理不順が続いている方は、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。そういった時にも産婦人科を利用することになりますが、生理不順の方でにきびが頻繁にできるようであれば、ホルモンバランスの崩れが原因でにきびが出来ているかもしれませんね。 にきびの治療をするために、抗生物質を使用することがあります。それによって他の病気や症状が現れる可能性もありますので、できれば抗生物質の使用は避けた方が良いでしょう。そういったことについては、きちんと医師と相談した上で決めるようにしましょう。どのようなリスクがあるのかということは、非常に大切です。 もし、にきびが化膿している場合は、抗生物質を使用した方が良いかもしれません。自分のにきびの状態をよく知り、治療するようにしましょう。化膿している場合は早めに治療する必要がありますので、一度電話などで受診する必要があるか否かを相談してみてはいかがでしょうか。