にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

思春期にきびについて

思春期にきびは、第二次性徴によってホルモンバランスが変わることにより発生するものであり、9歳から18歳ごろに出来ると言われています。?二次性徴によって、性腺刺激ホルモンというものが分泌され、男性ホルモンや女性ホルモンが、皮脂の分泌量を増やしてしまうため、それに伴ってアクネ菌の数も増えてしまうのです。それによって、皮脂によって毛穴が塞がれた状態が青春期にきびです。 青春期にきびが出来る頃は、不規則な生活習慣を送る人も多いでしょう。脂質や糖質の過剰摂取、寝不足、ストレスの溜め込みなどが原因となり、思春期にきびが出来やすくなってしまいます。思春期には、ただでさえにきびが出来やすいにも関わらず、更にこういったことが原因で、発生しやすくなっているのです。ですから、思春期にきびに悩まないように、きちんと規則正し生活習慣を送るようにしましょう。 また、お肌を清潔に保つことも大切です。若いからスキンケアを怠っても大丈夫だと思わず、若いからこそ、しっかりと今のうちからスキンケアをしておくことが、お肌をきれいに保つ方法なのです。しっかりと朝、夜に洗顔し、その後は保湿を心掛けましょう。若くてもお肌は乾燥しやすいですから、化粧水などを使用してください。