にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

遺伝が原因?

にきびの原因はいくつかあると考えられています。その一つに、遺伝があります。元々にきびが出来やすい体質の方が居ますので、そういった方は、その他の原因が重なることにより、にきびが出来やすくなるのです。また、遺伝によってホルモンバランスが悪い方、皮脂の分泌量が多い方なども居るため、そういった方もにきびが出来やすいと言えるでしょう。内臓が弱い方もにきびが出来やすいと言われていますが、内臓が元々弱い方もいますので、遺伝によってこういった体質だと思われる方は、にきび予防や対策をしっかりと行うことをおすすめします。 たとえば、にきびが出来やすい人と出来にくい人が、全く同じ生活習慣を送っていたとしても、同じようににきびができるとは限りません。それは、体質が関係しているからなのです。だからと言って、自分の体質を変えることはなかなかできませんので、その他の原因を取り除くことが大切です。 もし、様々な予防や対策を行っても、効果が見られないという場合は、美容外科や皮膚科などで診てもらうという方法もあります。それによって、なんらかの治療を受けることができますので、にきびが気になるようであれば、一度相談してみると良いのではないでしょうか。