にきび,ニキビ痕,ニキビ跡

ホルモンバランスとの関係

にきびができる原因の一つに、ホルモンバランスの崩れが挙げられます。皮脂はなるべく無い方が良いと思われるかもしれませんが、お肌を守るために、適度な皮脂は必要なのです。皮脂の分泌量を調節しているのがホルモンバランスであり、ホルモンバランスが整っていることにより、お肌も健康な状態になります。 しかし、女性の場合は特にホルモンバランスが崩れやすくなっています。その原因の一つが生理であり、生理前にはにきびができるという方も多いでしょうが、これはホルモンバランスが崩れているからなのです。それによって皮脂の分泌量が増え、毛穴に詰まってしまい、にきびとなるのです。また、排卵後には、ホルモンの分泌量も増えるため、皮脂量も増えやすくなっています。このように、女性ならではのにきびが発生する原因もあります。 また、生活習慣が乱れてしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。それによって男性ホルモンの分泌が増え、皮脂の分泌量増加にも繋がってくるのです。ホルモンバランスは、様々な要因によって崩れますので、なるべく崩さないような生活習慣を送ることが大切です。睡眠をしっかりとり、ストレスを溜め込まず、栄養バランスのとれた食生活を心掛けましょう。